はじめに~ご案内

◆うちうちに神すまう 日いづる国の民ゆえに 清き言霊 響く言の葉

神代(古代)より、日本の国は「言霊の幸ふ国(ことだまのさきわうくに)」と呼ばれてまいりました。

言葉には言霊という霊的な力が宿っております。

「光あまねし」では、近江の国(滋賀)に住まう、神祇巫(かんづかさ)の伊都岐(いつき)が、天から頂いたお言葉を大切に、光とともにお伝えします。


◆神界のお言葉をお伝えするにあたって

日本の神々様の中には、なかなかに気難しく、厳しき方々もいらしゃいます。

天使や西洋のアセンデットマスターの方々のように、愛と希望にあふれたメッセージばかりではないかもしれません。

時に厳しく、時に慈悲深く、私たちを叱咤激励されることもございます。

 

チャネリングによって絶対的な答え、道が示されることはありません。(それは、日本神界だけでなく、全ての高次存在に共通です。私たち人間の自由意志と学びを尊重しているからです。)

日本の神々は、「困った時の神頼み」ではなく、あなた自身が自ら考え、選択していけるよう、見守り、そしてサポートしてくださる存在です。

 

今の時代は、「立替立直」と呼ばれる大きな過渡期にあります。

その過渡期において、今、日本の神々は私たちに導きの手を差し伸べて下さっています。

神界からの、とても力強い意志とサポートを日々感じています。

 

私たちが霊性に目覚め、魂の目的を思い出し、マコトの道を見い出させるように。

今こそ私たちが日本人として生まれた意味、その目的を思い出し、新たな時代への礎となる時です。

 

日本の神々の力強く慈愛にあふれるお言葉に触れ、その響き(高い波動)を感じてみてください。

その響きが、あなたの本来の魂の本質を目覚めさせ、あなたの魂の望む道(マコトの道)を見出すきっかけになれば幸いです。


◆日本神界からみなさまへのメッセージ

ことだまの ひびきさきわう みずうみの

みずくきのおかに ひかりてるなり

 

かむなぎの みたまにやどれる かみつかさ

いにしえの かみのみことの ひびきありなむ

 

あかねさす あけぬるそらを あおぎては

かみのめぐみに かしわでをうつ

 

いかにせむ まことつたえし かむながら

ひとをも よをも すくいたまいし


ゆくみちの いとかたければ かむながら

かみのみちと うけいたまいそ


いずもでの かみとのうけひ ことあげて

よにあらわさん みいずのよを

 

※現代語訳にはあえてしておりません。音のままにお受取りください。


◆お申込み方法、セッションの流れなどのご案内

【1】まず、ご予約をお願いします(→お問合せ・ご依頼フォームへ)。

【2】こちらで内容を確認し、振込先など必要事項をご連絡(休業日を除き、通常3日以内にご返答いたします)。

【3】問題がなければ、セッション料をお振込みのうえ、ご入金のご連絡をください(料金は前払いです)。この時点でご予約確定となります。入金連絡後、セッション日時のご連絡をいたします。

【4】当日お約束の時間にセッションさせていただきます。

---

 

【対面セッションの場所について】

滋賀県大津瀬田・近江八幡市近辺の指定場所にてさせていただきます。
また滋賀・京都・大阪のJR沿線に限り、ご自宅へお伺いすることも可能です。(交通費等、別途かかります)